電気情報工学科

Department of Electrical Engineering and Information Science

医薬品開発や化学プラント製造あるいは食の安全など、一見関係なさそうな分野まで電気・電子技術はいろいろな形で関わっています。電気情報工学科では、将来どのような職業に就いても対応できるような技術者の育成を行っています。卒業後は、鉄鋼、自動車、電機などの生産技術分野、電力、ガス、水道、鉄道、通信設備などの保全技術分野、ネットワークやシステム開発などのIT技術分野など、ハードウェア・ソフトウェア両面にわたる幅広い分野への道が開かれています。
本学科のめざす教育は、研究開発とものづくり現場を結ぶことができる人材の育成と、ここで学べて良かった、面白かったという満足度が得られる授業や実験・実習です。そのために「マイコンを核としたディジタル技術によるものづくり実践」に力を入れて取り組み、1年次から5年次まで各学年ごとの実験・実習あるいは卒業研究を通じて「マイコンによるものづくり」を行います。さらに電子回路シミュレータを用いた「アクティブラーニングの実践」にも力を入れています。放課後希望者参加による「3Dプリンタを用いたものづくり実践」では、アイデア発明コンテストへの挑戦も行っています。

情報処理Ⅰ
情報処理Ⅲ
LSI回路設計製作実験
LSI回路設計製作実験
ものづくり実習
ものづくり実習

電気情報工学科では、次のような人を募集しています

◯電気エネルギーの発生と制御、電気材料・部品のロボットへの応用と自動制御など幅広い技術を身につけたい人
◯電子情報技術分野に興味があり、コンピュータの仕組み、プログラミング、通信などの最先端技術を身につけたい人
◯電気情報関連分野の各種公認資格取得にチャレンジし社会に役立てたい人

在学中に取得を推奨する資格

応用情報技術者/基本情報技術者/電気主任技術者(2種、3種)/ 陸上特殊無線技士(第1級、第2級)/ディジタル技術検定(情報部門)(2級)

教育目標

教育課程

コース制

情報通信コース

情報通信はソフトのイメージが強いですが、通信端末などのハードも重要です。このコースでは、アルゴリズムなどのソフト分野と電子回路設計などのハード分野を総合的に学習します。

エネルギ制御コース

エネルギ制御コースで扱う電力・電気分野に関しても、ハードを基本として制御などでソフト分野が重要となります。このコースでは、エネルギの発生や変換のほかシーケンス制御などを学習します。

主な実験・実習設備

情報処理演習室パソコン50台/NI-ELVIS/FPGA教育実習システム/高精度多層回路基板自動作成装置/
SMD(表面実装部品)高精度実装システム/超高周波回路解析装置/超高周波信号解析装置/超高周波電力計/
超高速オシロスコープ/高安定多機能信号源/ファブリペロ光波長計測装置/光波帯信号解析装置/
ロボット制御実験装置/シーケンストレーニングボード/インバータ実習装置/パワエレ実験システム/
高温焼結装置/ガス置換焼結装置/サーモグラフィカメラ

入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在校生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様