専攻科 プロジェクトデザイン工学専攻

Advanced Course, Project Design Engineering

グローバル化とイノベーションが刻々と進み、激動する社会に対応しうる人材を育成するため、呉高専専攻科は、平成28 年度に従来の2専攻「機械電気工学専攻」「建設工学専攻」から、複合型の1専攻「プロジェクトデザイン工学専攻」に改組しました。併せて定員も本科定員の25%と大幅に増やし、本科から専攻科まで連続した7年一貫教育の体制を強化しました。
プロジェクトデザイン工学専攻でめざすべき目的は大きく3つあります。ひとつは「本科で学修してきた専門分野を深めながら、複合的な素養」を身に付けること、二つ目は「自ら課題を見出し、企画から設計・製作までプロジェクト全体をデザインできる能力」を養うこと、三つ目は、それらのベースとなる「豊かな人間性と国際性を養い、多様性を涵養」することにあります。これらを実現すべく、カリキュラムはいろいろと工夫を凝らし、精選しています。
本専攻ではこれらの教育を行うことにより、本科において孵化した「世界目線」の学生を、本格的に成長させることをめざしています。
なお、本専攻科は、大学改革支援・学位授与機構から特例適用専攻科として認定されており、平成29年度専攻科入学生から、特別研究の学内審査と修得単位の審査のみで「学士(工学)」の学位を取得できるようになりました。

インターンシップ報告会
インターンシップ報告会
特別研究(電磁波システム実験室)
特別研究(電磁波システム実験室)
特別研究(災害現場の調査)
特別研究(災害現場の調査)

教育目的

豊かな人間性と国際性を持ち、本科で学修してきた専門分野を深めながら、複合的な素養を身に付け、多様性を涵養し、プロジェク トをデザインできる人材の育成

学習・教育目標

(SA) 豊かな教養と倫理観により、国際的に行動できる能力の修得
(SB) 工学に関連する応用能力の修得
(SC) 専門分野の課題を解決できる能力の修得
(SD) 社会のニーズを捉え、異分野と協働して課題を解決できる能力の修得

ディプロマ・ポリシー ※ディプロマ・ポリシー中の(SA) ~ (SD) は、学習・教育目標とそれぞれ対応しています。

学習・教育目標に沿って設けた授業科目を履修し、以下の項目にあげる知識・能力を身に付け、62 単位以上を修得するとともに、
大学改革支援・学位授与機構の審査に合格し、学士(工学)を取得する。

 (SA)技術者として豊かな教養と倫理観、自らの考えを的確に伝えられるコミュニケーション力を身に付けている
    ・グローバル倫理、科学総合英語を含む教養科目を11 単位修得する
 (SB)専門分野に活用できる工学に関する応用能力を身に付けている
    ・数学応用工学Ⅰ・Ⅱ、物理応用工学を含む専門基礎科目を10 単位以上修得する
 (SC)実務や研究に活用できる専門分野に関する応用能力を身に付けている
    ・インターンシップを含む専門科目を30 単位以上修得するとともに、研究成果を学協会で発表する
 (SD)修得した知識や技術を活用し、異分野と協働して課題を解決できる能力を身に付けている
    ・プロジェクトマネジメント、プロジェクトデザイン工学演習を含む科目を11 単位修得する

入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在校生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様