キャリア教育

5年間の進路指導を、1・2年次(職探し=サーチS、自己分析=セルフ・アナリシスSA)、3年次(計画=プランP)、4年次(実行=アクションA)、5年次(実現=リアライズR)の“ SAPAR ” と名づけて実施しています。
1年次は本校に慣れ親しむのが重要であり、LHRや学校行事等を通じて、クラスでの人間関係の構築(併せてクラブ・寮における人間関係の構築も)を図る期間としています。2年次は呉高専に慣れ、次年度の3年次における「プラン」期間の準備に取り掛かる期間としています。3年次は、自身の進路について具体的プランを計画する期間としています。4年次は、前年度の自身の進路プランの実現に向けて具体的に準備・実行する期間としています。5年次は、前年度の実行により、目標とする進路を実現させる期間としています。各学年において、下記のような取り組みを実施しています。

SAPAR

技術者入門
技術者入門
適性検査
適性検査
就職準備セミナー
就職準備セミナー
合同会社説明会
合同会社説明会

入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在学生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様