プロジェクトデザイン工学演習

プロジェクトデザイン工学演習とは

 科と専攻科1年で学習した知識を統合するとともに異分野のメンバーと協働して、 与えられたテーマに関する情報収集・課題抽出を行い、プロジェクトを 設計・遂行し、試作品の評価・改善などの活動を通じて、課題を解決する、 「エンジニアリングデザイン能力」を身に着ける、 PBL(Project Based Learning)科目です。 他の専門分野の学生の持つ価値観の違いなどを認識し、 協働作業により課題を解決します。

2017年度の活動

椿で醸成する”大和の酒”と呉市の未来

市の地域経済好循環を目指して~
 呉市は産業の担い手、消費の減少と観光客が昼間に比べ夜間になると 減少してしまうという問題があります。この2つの問題点を解決するために、 呉市の市花である椿の花酵母を採取し、呉市の農作物を用いてお酒造りを 行うことで地域活性化を目指します。

土砂災害に強い呉市を目指して ~ R'による危険度予測 ~

砂災害に強い呉市を目指して~
 呉市は急傾斜地に住宅が多い地域です。そのため、豪雨による土砂災害の危険があります。 これを防ぐ手段の1つとして新たな防災情報を発信できればと考え、このプロジェクトを実行することになりました。

昼の屋台通りおよび公園におけるしかけづくりの提案

市のにぎわいづくりを目指して~
 呉市の観光の復興や町のにぎわいづくりにつなげるため,埋もれている観光資源として呉の屋台に着目しました。
観光資源としての役割を果たせる屋台環境作りに関する検討を行います。


活動成果