平成26年1月28(火)

「平成25年度ビジネス・ボランティアプランコンテスト」を開催しました

担当:キャリア教育推進室 竹谷 菜美

 1月26日(日)に視聴覚教室にて「平成25年度ビジネス・ボランティアプランコンテスト」が開催されました。

 本コンテストは、学生たちが人間力を向上させるため、チームを組んでビジネスプランやボランティアプランを作成し、そのプランに対する自主的活動を公表する機会となっています。ビジネス部門で5件、ボランティア部門で6件の、あわせて11件の工夫を凝らした発表がありました。
 キャリア開発セミナーの受講生以外にも、1年生のグループが積極的に参加してくれました。また、今年は初めて明石高専からの参加もあり、それぞれが審査員の方々や受講生の前で、いままでの実践活動とこれからの計画について立派に発表しました。コンテスト参加者は、他の発表チームのプレゼンテーションを熱心に聞き入っていました。

発表の様子

 コンテストの審査員は、事前に提出された提案用紙とプレゼンテーションを元に評価します。
 学生はパワーポイントで作成した資料を用いて、各プランにつき7分間のプレゼンテーションを行い、その後、審査員の方々による5分間の質疑応答を行いました。質疑応答では、経営者や指導者の視点による指摘のほか、実際に起業することを見据えてのアドバイスなどもありました。

質疑応答の様子・遠藤一太様(前本校校長 現NPO法人テクノショップくれ理事長)による総評

 発表会終了後、審査員の採点表をもとに厳正な審査が行われました。コンテストの審査結果は2月20日(木)に発表されますので、参加した学生は楽しみにしていてください。

 このたびは、審査員として遠藤一太様(前本校校長、現NPO法人テクノショップくれ理事長)、中田清廣様(ミツトヨ広島事業所長)、答島一成様(アドウィン代表取締役)、高路地修平様(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、渡貫久様(オフィスヒューミック)、出本修一郎様(呉信用金庫)、小堀慈久様(呉高専名誉教授)、山岡先生(豊田高専)からご出席を賜りました。この場を借りて、厚くお礼申し上げます。

 今後も学生たちが人間力を向上させていけるように、これからも継続した活動を行っていきたいと思いますので、どうぞご理解とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

集合写真