平成27年1月25日(日)

呉高専吹奏楽部 第17回定期演奏会を開催!

担当:吹奏楽部顧問 宇根 俊範、赤池 祐次、冨村 憲貴

 1月25日(日)、毎年恒例の吹奏楽部定期演奏会を広まちづくりセンターで開催しました。


入念に最終チェック

 今年の第2部のテーマは「激」。激動の時代を描いたミュージカルの曲、激しい振り付けで話題となった往年の名曲などを、部員が趣向を凝らした演出とともに演奏しました。

 長年部活を支えてくれた専攻科2年の三信篤志君による、全編アルトサックスソロの曲も披露、魅惑の音色を響かせました。


青春の一コマ

 今回も地域住民の皆様を含む多くの方々にご来場いただき、アンケートでは「いつもいい演奏をありがとうございます。毎年楽しみにしています。」というありがたい声もいただきました。演奏会終了後は、部室で卒業生へ感謝の花束を贈呈。涙とともに別れを惜しみました。


激務をこなす「漁師」の曲

卒業生へ花束を

 最後になりましたが、演奏会の開催にご協力いただいた学生会、受付・司会やビデオ撮影を手伝ってくれた学生の皆さん、卒業生、そのほか多くの皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 卒業生の皆さん、音楽を友に、幸多き人生を歩んでください。

女子バスケットボール部 三つ巴戦

担当:女子バスケットボール部 鍋島 美咲(環境都市工学科2年)

 1月25日(日)に宮原高校・広高校・呉高専の3チームで宮原高校におじゃまして練習試合を行いました。
 宮原高校と広高校の両校は強豪校なのでたくさん学ぶ点がありました。それぞれ2クォーターずつローテーションしながら2試合分行いました。

 両校ともパス回しやオフェンスとディフェンスの切り替えが速く、なかなかリズムを崩せませんでした。年末の大会で分かった課題はあまり改善ができない内容でした。しかし、人数がぎりぎりの中でも最後まで走りきれたと思いました。


朝倉(建築学科3年)のシュート

竹河内(電気情報工学科2年)のシュート

 今回の練習試合を踏まえて、自身の課題やチームワークをもっと向上できるように日々の練習をしていきたいと思いました。 宮原高校・広高校のみなさん、お忙しい中ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。


合同写真(前列+中列右=宮原 ; 中列左=呉高専 ; 後列=広)


第8回全国高等専門学校
英語プレゼンテーションコンテストプレコン部門第2位入賞

担当:建築学科2年 宮本 皓章

 1月24日、25日国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)で第8回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテストが行われました。


いざ会場へ

 私たち(建築学科2年 宮本皓章、植田雅人、白数夏生)プレゼン部門では、”Ancient Technology Living in Today’s Society”というタイトルでプレゼンテーションを行いました。
 私たちはプレゼンテーションの作成を去年の夏休み頃からはじめ当日まで約半年間の間、試行錯誤と練習を積み重ね完成させました。本番では練習でやってきたことを自分たちらしく楽しみながら発表することができ、今までの中で一番いい発表ができました。

プレゼン中

 発表後私たちは「これで賞をとれなくても仕方がない」という気持ちになり、みんなで気を楽にして結果を待ちました。結果は見事2位となり、自分たちのやってきたことが認められたような気がしてとても嬉しくなり、また6か月間の苦労を思い返し涙が出そうになりました。
 私は最初、全国大会に出ることや、全国2位という表彰を受けるなど夢にもおもっていませんでした。しかし、この大会に出場してすべての人にそのチャンスがあるということを感じました。

 この大会がきっかけとなり、これからは様々な分野のことに積極的に取り組んでいこうと思います。


表彰式を終えて