平成26年10月19日(日)

第62回呉地区高等学校総合演劇大会に出場しました

担当:演劇部顧問 上芝 令子

 呉市川尻町のベイノロホールで行われた、第62回呉地区高等学校総合演劇大会に出場しました。出場校は5校。呉港高校、呉工業高校、呉三津田高校、清水ヶ丘高校に呉高専です。

 呉高専の今回の公演タイトルは「壁人(かべんちゅ)」。今時の「いそうでいない」若者のコメディです。キャストは6名。機械工学科2年の山本君、藤田君、環境都市工学科3年の室さん、2年の角さんと5年の吉原君他1名。スタッフも活躍しました。
 舞台監督は環境都市工学科3年生の中崎君、音響は機械工学科3年の問谷さんと環境都市工学科1年の角谷さん。照明は1年生コンビ、電気情報工学科1年の米田さんと環境都市工学科1年の松村君。大道具担当は機械工学科2年坂川君。各自プロの機材を駆使してしっかり仕事をこなしました。

 リハーサルでのトラブル等紆余曲折を乗り越え、なんとか本番ではこれまでのベストの出来となったのではないかと思います。

 最優秀校は呉三津田高、優秀賞は清水ヶ丘高、二校は県大会へ出場です。呉高専は優良賞。今自分たちに備わっている力と今後必要な力、それぞれを確認できた大会となったのではないでしょうか。


劇中の一コマ(1)

劇中の一コマ(2)

劇中の一コマ(3)

上演後のインタビュー


入試説明会(呉会場)

担当:教務主事補 山岡 俊一

 10月19日(日)の午後、本校において入試説明会が行われました。生徒53名、保護者40名、中学校の先生2名の計95名の方にご参加いただきました。

 説明会では、まず学校紹介のDVDを見ていただき、その後、森野校長先生から呉高専の概要説明、各学科教員から学科の説明、森脇教務主事から入試制度と願書記入時の注意事項などについて説明いたしました。
説明会終了後も個別にたくさんのご質問をいただきました。  今回の説明会で呉高専のことをたくさん知っていただくことができたと思います。
 11月1日(土)には第2回学校見学会(高専祭も開催中)が開催されます。是非こちらにもご参加いただき、さらに呉高専の魅力を知っていただければと思います!


第25回 プログラミングコンテスト in一関

担当:電気情報工学分野 藤井 敏則

 2014年10月18日から10月19日にかけて、第25回全国高専プログラミングコンテストおよびNAPROCK第6回国際プログラミングコンテストが一関高専を主幹校として、一関文化センターで開催されました。
 今年は第25回記念大会ということで競技部門では高専チーム59チームと東大、京大、豊橋技科大の国内大学チーム3チームと海外大学チーム5チームの67チームが参加し盛大に執り行われました。

 競技部門への参加は今年は1年生中心のフレッシュなチームで編成しています。
 初日の予行演習では、プログラムが動作しないという不具合があり、解答を送信できませんでした。プログラムを短時間で改修して1回戦では解答を送信できましたが、16チーム中9位という結果でした。敗者復活戦では、問題2を2位となり、準決勝へ進出しました。しかし準決勝での成績は振るいませんでした。


集合写真

競技中

 来年度こそはという思いを胸に、がんばっていきたいと思います。最後に、プログラミングコンテストを支えていただいている、教職員や学生、保護者や後援会、地域のみなさまに感謝いたします。


三次で入試説明会を開催しました

担当:教務主事補 冨村 憲貴

 10月19日(日)、広島県立みよし公園カルチャーセンターで、呉高専の入試説明会を行いました。行楽日和の日曜日でしたが、多くの中学生・保護者の皆さんにご参加いただきました。

 説明会では、林・冨村教務主事補による学校紹介、今回の入試から実施される特別推薦の内容や出願時の注意点についての説明がありました。あわせて、参加された皆様からの質問にお答えしました。

 今年の入試説明会も、10月26日の東広島会場が最後となります。また、11月1日には、高専祭と同時に学校見学会を開催します。学生が企画する楽しいイベントや模擬店など、高専ライフを体感するのに絶好の機会です。ぜひ気軽に呉高専においでください!


サッカー部 広島県学生サッカー連盟リーグ戦

担当:サッカー部顧問 西坂 強・丸山 啓史

 10/19に海上保安大学校と広島県学生サッカー連盟リーグ戦(上位リーグ順位決定戦)を行いましたので紹介します。


10/19 メンバー全員

 上位リーグで優勝すると来年度の天皇杯大学予選への出場権を獲得できます。その初戦となる本試合は、前半0:0、後半3:1で勝利しました。

 前半は大半の時間を呉高専のペースでゲームが展開しましたが、幾度もクロスバーやポストに嫌われました。 ハーフタイム、「ストレスを抱えず、粘り強くやろう」と学生たちが話し合い、始まった後半の12分、呉高専がPKを獲得し、キャプテンの泉君(環境都市工学科4年)が決めて先制点をあげました。そのまま勢いに乗り、17分には左からのクロスボールを乙吉君(電気情報工学科4年)がヘディングで合わせ2点目、35分にはゴール前のフリーキックを泉君(環境都市工学科4年)が直接決め3点目を奪いました。
 後半途中からポジションバランスが崩れ、終了間際に1失点しましたが、攻守ともに練習の成果がうかがえる試合でした。次節はより一層の集中力で臨み、どれだけミスを減らせるかが勝負のカギとなります。


試合後ミーティング

 10/26(広市大G12:45)の広島県立大学広島キャンパス戦は勝利が優勝条件となっていますので、是非、応援よろしくお願いします。 


バレー部
JVAビーチバレーボールシリーズA坂大会 補助員参加

担当:バレー部顧問 佐賀野 健

 10月18~19日にJVAビーチバレーボールシリーズA坂大会がベイサイドビーチ坂で開催されました。

 この大会は日本のトップのビーチバレー選手が参加するもので、今回が最終週となります。呉高専の男女バレーボール部員が補助員で頑張ってくれました。
 主な仕事は記録席のところに座って、記録員と協力してサーバーを確認し、選手や審判に伝えることでした。


番号を表示しているところ

 初めての経験でしたが、大きなトラブルなく大会を終了することができ、協会関係者からは高い評価を得ました。また、会場撤収をしたあとは、みんなでビーチバレーをして楽しみました。


大会終了後のビーチバレー

片付け作業

集合写真