平成29年6月24日(土)

入船山記念館 金唐紙 製作体験

担当:機械工学科3年 藤井 悠輔

 私たちはインキュベーションワークの「工房づくり」と「お菓子作り」のテーマの学生です。
 6月24日に入船山記念館で行われた「金唐紙」のイベントに参加しました。製作作業では、紙と箔がずれたり、上手く型から紙を移せなかったりとなかなかうまくいきませんでしたが、先生のアドバイスを聞いて試行錯誤しながら体験できたので、金唐紙の製作をとても楽しむことができました。

 私たちは10月7日に行われる予定である、「入船山記念館開館50周年祭」のイベントで、金唐紙を使ったブースを出したいと考えています。そのために、今回の体験で具体的な作業手順や材料を聞いて、どうやったら小学生対象に行うことができるのか考えながら作業しました。
 また、イベントを通してたくさんの方と話すことができました。私たちが開くイベントでも、このような作業者同士が仲間意識を持って作業ができるものづくりをしたいと考えているので、すごく参考になりました。

 このイベントで学んだことを活かして、本番のイベントを成功できるように今後、準備や計画に取り組んでいきます。