平成29年12月3日(日)

全国高専デザコン構造部門5位(環境都市工学科チーム)

担当:環境都市工学科5年 島村柚香、長沖嶺、徳澤宏洋、鍋島美咲
   環境都市工学科4年 平岡和真、岸本誠矢

 12月2~3日に岐阜市で行われた全国高専デザインコンペティションの構造デザイン部門に呉高専環境都市工学科チームとして参加しました。


作品とポスター

 この競技では、銅線を用いて、橋を製作し製作物の耐荷性能やデザイン性を競います。
 1日目に仕様確認とプレゼン審査、2日目に載荷競技が行われ、競技得点(70点満点)+審査員評価点(30点満点)の100点満点で評価されます。私たちのチームは94点を獲得し、56チーム中5位になりましたが、惜しくも僅差で優秀賞入賞を逃しました。


得点結果発表

載荷競技

 募集要項公開から8か月、放課後に集まって、設計計算、銅線の加工、橋の製作などの作業を続け、校内予選を経て全国大会に出場し、入賞まであと一歩のところまで来ました。

 来年こそは日本一になれるよう活動を続けたいと思います。


参加メンバー