平成29年12月7日(木)

インキュベーションワーク「絵を描く楽しみを知ろう」
外部講師にお越しいただきました

担当:環境都市工学科3年 坂井 詞音

 12月7日(木)に、インキュベーションワーク「絵を描く楽しみを知ろう」の活動で、御手洗(呉市豊町)在住の画家 田中佐知男さんにお越しいただき、本人の経験談を交えながら、水彩画の基礎について学習しました。
 田中さんとは、去年御手洗で開催された第一回潮祭公募展というイベントでお会いしたことがきっかけで、今回の講義を受けることができました。

 お話を聞く中で、田中さんが画家になるまでにたくさんの苦労があったこと、そして、それでも最後まで夢を諦めなかったことがわかりました。
 また、水彩画の基礎について、見た景色をそのままの色や形を描こうとするのではなく、「自分だけの色、形」を出すことや、三原色を基本とした配色にすることなどを学びました。

 私が、この講義の中で大切だと思ったことは、自分だけの色や形を出すためには、まずはたくさん絵を描くことです。少しでも自分らしさが出る絵を描くために、これからもたくさん絵を描こうと思いました。また田中さんに絵について教えていただきたいです。