私たち技術センター実習系の技術職員は,授業に関しては主に工作実習・創造製作・工学実験等の授業を行っています。授業のうちのメインとなる工作実習では,1〜3学年が旋盤やフライス盤など各種工作機械の基本的な加工技術や,溶接技術,鋳造技術,メカトロ制御技術などの『ものづくり』の基礎を学びます。機械工学科3学年では後期にその集大成として総合実習を行い,前期の設計製図の授業で学生自身が設計した製作図面をもとに10人程度のグループで様々な作品を製作します。
 その他にも,地域企業との共同研究や学内各学科の卒業研究・学術研究用試験機等の製作や実験資材の加工、学内設備の補修など,様々な業務を行っています。

総合実習発表の様子

普通旋盤,万能フライス盤,複合フライス盤,立削盤,ラジアルボール盤,直立ボール盤,ホブ盤,ドリル研削盤,シヤーリングマシン,帯鋸盤,高速切断機,エアプラズマ切断機,溶接機,るつぼ炉,メカトロ実習機器,NC工作機械  

                    

   
技術長 技術専門職員 技術専門職員技術職員技術職員
 大東 由喜夫
oohigasi@kure-nct.ac.jp
 山 田 千 鶴
chiduru@kure-nct.ac.jp
 田 村 忠 士 
tamura@kure-nct.ac.jp
 生田 悠介 
y-ikuta@kure-nct.ac.jp
 吉田 玄徳 
g-yosida@kure-nct.ac.jp
※メールアドレスの『@』はスパム対策のため全角文字にしています。メールをお送り頂く際は半角文字に変更をお願いします

[呉高専ホームページ]  [技術センタートップページ]