ビジネスボランティアプランコンテスト2009

2009年7月16日(木)16:10~

 呉高専の視聴覚教室にて「ビジネス・ボランティアプランコンテスト2009」が開催されました。
ビジネスプランは8件,ボランティアプランは9件の発表がありました。ビジネス部門では、2月に突然閉店してしまった売店を代行するプラン,環境にやさしく洗いやすい洗浄器具の開発,安眠を妨げない目覚まし時計,地域の新たな特産品を作るプランなど、若い学生が日常で感じているような、「こういうものがあったらいいな」という発想から出てきたアイデアが発表されました。ボランティア部門では阿賀周辺の定期的なごみ拾いや高専祭のときに地元企業にPRをして頂く場を設け,行政だけに頼るのではなく,自発的に地域の活性化を目指すプランなどが発表されました。 
 学生たちは,遠藤校長,福永前校長,長町元校長,株式会社アドウィン社長の答島氏,株式会社ミツトヨの取締役広島事業所長の中田氏からの厳しい質問にもひるむことなく,熱意を持って回答していました。彼らの勇姿に,呉高専生の潜在能力の高さを再認識しました。発表会終了後,学生たちの安堵の表情は,クラブ活動や実験などで忙しい合間に各自でプランを考え準備をしてきた内容を,会場のみなさんにしっかりと伝えることができたという達成感に満たされていたように見えました。
 最後になりましたが,本校のアントレプレナーシップ教育のため,無報酬でテクノショップくれの役員を快く担当してくださっている皆様に感謝いたします。

● 審査結果 ●
優秀賞(ビジネス部門):
【環境に優しく洗い易い洗浄器具の開発と普及】
環境都市工学科4年 金森 悠さん/渡辺亘司さん

優秀賞(ボランティア部門):
【明日の呉を元気に】
機械工学科4年 竹口翔太さん/池田圭介さん

特別賞(株式会社アドウィン社長賞):
【NO睡眠 NO LIFE】
機械工学科4年 藤村 義さん

特別賞(株式会社ミツトヨ広島事業所所長賞):
【名前のない文房具店】
環境都市工学科4年 中尾隆透さん

表彰式では、表彰状及び特定非営利活動法人高専生テクノショップくれ推進会より各部門の優秀賞副賞として1万円の図書券が、 また、特別賞にはそれぞれ株式会社アドウィンより電子回路キット、株式会社ミツトヨ広島事業所よりデジタルノギスが授与されました。

受賞された皆様、おめでとうございます。
また、ご応募くださった皆様、そしてご協力いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

● 応募作品一覧 ●

◆ビジネス部門
NO タイトル 発表者
B1 地域の新たな特産品のプランを作成 E4 松原拓也
B2 環境に優しく洗い易い洗浄器具の開発と普及 C4 金森 悠(C4 渡辺亘司)
B3 KeMuSi~ケーキ無料試食イベント~ M4 沖田亮人(M4 木原雄太)
B4 名前のない文房具店 C4 中尾隆透
B5 健康遊具設置の公園コンサルティング事業 M5 有馬 孝(M5 河野恭介)
B6 売店がなくなって困ってませんか? M4 安田光希
B7 リアルタイムマルチメディア市場提供サービス「oXy」 M4 川上純平
B8 NO睡眠 NO LIFE M4 藤村 義


◆ボランティア部門
NO タイトル 発表者
V1 阿賀における防犯、交通安全MAPの作成 A4 有田 薫(E4 石野夕貴)
V2 立ち阿賀れ 盛り阿賀れ 燃え阿賀れ!! E4 冨山貴大(E4 大谷祐介)
V3 呉高専を呉市における国際交流の拠点にする M4 元石道人(M4石原知弥)
V4 阿賀をきれいに、住みよい町作り A4 田中順也
V5 イラストによる地域の景観の保全 E4 松本雄作
V6 呉高専で難民支援の手助けを! M4 江口修平
V7 明日の呉を元気に M4 竹口翔太(M4池田圭介)
V8 ゴミ拾いで地域内の絆を深める M4 川村翔一
V9 呉地域を中心とした店のCM作成 E5 長谷川雅樹

ページのTOPへ
*Template design by Nikukyu-Punch*