建築学科

Department of Architecture and Structural Engineering

建築学科では、現代社会のニーズに応えて、個人住宅から都市全体にいたるすべての生活環境を対象に、快適で魅力あるものづくりを目指します。そのための基礎知識である理数系や工学系の科目はもちろん、歴史、文化、芸術などの幅広い分野も学びます。加えて建築学の専門科目も、基礎から応用まで隅々まで学びます。
最近の設計演習や構造実験では最先端機器を積極的に活用しています。その結果、コンピュータで設計し、レーザー加工機を活用して製作した構造物作品が2016 年の全国高専デザインコンペティションで最優秀賞を獲得しました。
また3DCAD でデザインした家具を実寸で制作し、呉市内の歩道に設置した例もあります。さらにエコ住宅の設計に役立つサーマルマネキンを使って呉地域の住環境分析に役立つ研究もしています。
本学科の卒業生は、豊富な専門的知識と積極的な行動力により、実力優先の社会の期待に十分 に応え、建設現場で活躍する総合建設業や設計事務所をはじめ幅広い分野で高い評価を受けて活躍しています。卒業後すぐに「二級建築士」、卒業後4年間の実務経験を経て「一級建築士」を受験でき、多くの卒業生が合格しています。
4学科の中で最も女子学生の比率が高く、一昨年と昨年の入学生では約5割が女子であるのも建築学科の特徴です。

木造軸組模型(学生作品)
全国高専デザコン最優秀賞
スマートボードによる授業
卒業設計(学生作品)
レーザー加工機
レーザー加工機とスカイツリー模型

建築学科の教育目的

安全で快適な生活空間を創造する技術を有する人材の育成

在学中に取得を推奨する資格

宅地建物取引主任者/インテリアコーディネーター/福祉住環境コーディネーター(2級)/測量士(測量士、測量士補)
※卒業後建築士(2 級)の受験が可能

主な実験・実習設備

3Dプリンタ(UV硬化樹脂式)/レーザー加工機/サーマルマネキン/人工気候室/サーモグラフィ/
材料強度試験装置/構造物試験及び測定装置/材料試験機器/データ収録・解析装置/超仕上げかんな盤/昇降盤/帯のこ盤/音響測定装置/温熱環境測定装置/空気状態測定装置/光学関係測定装置/設計製図機器/デザイン及びグラフィックのためのコンピュータシステム/各種建築模型/試験体製作及び実験装置製作機器/測量実習機器/呼気代謝分析装置

入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在学生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様