環境都市工学科

Department of Civil and Environmental Engineering

環境都市工学とは、自然とともに生きながら、人々が心豊かに快適な生活を送るのに必要な社会基盤を整備するためになくてはならない「市民のための工学」です。環境都市工学科では、環境問題に対応できる幅広い視野を備えた高度な知識と技術を有し、社会のために役立つ技術者の育成を目標としています。 自らのアイデアを地域政策や国の事業などとして具体化させることのできる「公務員」になりたい人、地図に残るような大規模な構造物を設計し、つくることのできる「建設技術者」になりたい人、大地震や台風などによる災害に強い国土やまちをつくる「防災技術者」になりたい人、様々な環境問題を解決することができる「環境技術者」になりたい人、都市の計画や設計ができる「都市計画技術者」になりたい人にとって最適な学科です。 環境都市工学科の教育プログラム″環境都市工学プログラム″は、JABEE(日本技術者教育認定機構)に認定されており、国際的な水準の内容になっています。この教育プログラムに従い、環境との調和を図った社会基盤施設の計画・設計・建設・管理にいたるまでの専門知識と最新技術を学びます。 卒業後は、国公立大学3年次や専攻科への進学の他に、公務員、大手ゼネヨン、建設ヨンサルタント、道路・鉄道・電気・ガスなどの公益企業を中心とする土木分野に加えて、環境・生産管理の業界へも就職しています。このように環境都市工学科の卒業生は、幅広い分野で、国土と社会、生活環境の担い手として活躍しています。

微生物分析実習
微生物培養実習
エンジニアリングデザイン
エンジニアリングデザイン
傾斜可変水路による水理実験
傾斜可変水路による水理実験

環境都市工学科では、次のような人を募集しています

◯バイオテクノロジー、資源リサイクルなどによる地球環境の保全や自然との共生に興味のある人
◯道路、橋などの社会基盤施設の建設や景観を含めた都市計画に興味のある人
◯夢やチャレンジ精神を持ち、公共のためにリーダーとして活躍したい人

在学中に取得を推奨する資格

土木学会土木技術検定/土木施工管理技能検定(学科試験、2級)/公害防止管理者(主任、第1~4種)/ファッションコーディネート色彩能力検定(1級、2級)/応用情報技術者/基本情報技術者

教育目標

教育課程

主な実験・実習設備

アムスラー万能試験機(500kN)/加圧試験機(1000kN)/コンクリートミキサ(可傾式70L、水平二軸60L、パン型50L、オムニ10L)/電気定温乾燥機(最大200℃)/貝殻破砕機/空圧式圧密試験機/CBR試験機/変水位透水試験機/傾斜可変水路・固定水路/浸透流実験装置/レイノルズ数測定装置/造波・波浪実験装置/落射蛍光顕微鏡/水質分析機器
(分光光度計、GC、LC-MS、イオンクロマト)/FT-IR/化学・生物発光測定機/DNA・タンパク質解析(DNAシークエンサー、リアルタイムPCR、マイクロカロリーメータ、FPLC)/セオドライト/自動レベル/サーボトータルステーション/定ひずみ速度載荷圧密試験装置/ベンダーエレメント付き分割型圧密試験装置/応力制御型三軸試験装置/不飽和土三軸圧縮試験機(5kN)/空圧式振動三軸圧縮試験機(5kN)/一軸圧縮試験機(5kN)/一面せん断試験機(2kN)

入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在校生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様