校長あいさつ

地域社会に貢献できる技術者の育成

我が国が抱える問題・課題として少子高齢化による労働者人口の減少、多発する自然災害に強い国土の強靭化、地球温暖化抑制に向けて脱炭素化社会の実現等が挙げられます。これらに対処するには、確固たる基礎学力をベースに知識を総合化し、地球的視点で多様性をもち、ものごとの本質を考えることにより、知識を知恵に変えることができる優秀な技術者が不可欠です。
中学生の段階で工学に興味を持ち、同学年の1%に満たない人たちしか進まない高専をわざわざ選んで入学してきた皆さんを優秀な技術者にするために、呉高専では多くの教育プログラムを用意しています。中でも、自ら課題を見出し、アイデアを創出し、それを具現化できる、いわゆる「プロジェクトをデザインできる人材」を育成すべく、全校あげて「インキュベーションワーク」に取り組んでいます。併せて、専攻科を改組し、定員も大幅に増やし、7 年一貫工学教育の体制を強化しました。
呉高専ではこのような教育を通じ、学生を全力でサポートし、「文句なし」に優秀な学生を、地域と共に育てたいと考えています。
呉工業高等専門学校校長
校長 篠﨑 賢二
工学博士
入学案内
学校案内
学科紹介
高専ライフ
研究・産学連携
その他
受験生の皆様
在学生・保護者の皆様
卒業生の皆様
地域・企業の皆様